INTRODUCTION

“今のカラダも悪くはない
、、、だけど”

いつも通りの朝、仕事も順調、ランチも美味しくすませて
いつも通りの午後を過ごしていると、、
「あれ?気分がのっていないかも、、」「なんか頭がすっきりしていないかも、、」、、あるあるなお話ですね。
そんなときは少し休息したり、軽くカラダを動かしたりと、行動も人それぞれ。
いつだって絶好調なコンディションを維持するために、
相応なカラダのメンテナンスが必要なことは、大人のみなさまにはご承知のことと思います。
「酸素BOXサロン フィールド オーツー」は、そんなときの選択肢のひとつです。
少しの時間であるあるなお悩みを払拭できるプライベートサロンです。

高気圧(天気の良い日)
  • 身体の調子が良い
  • 気分が前向き
  • コンディションが良い
低気圧(天気の悪い日)
  • 頭がすっきりしない
  • 身体が重い
  • 気分が良くない
  • 頭痛などの症状が現れる

ABOUT

酸素の力で健康と美容に
プラス補給

高気圧酸素BOXは、酸素不足に陥った全身の細胞に酸素を補給します。
疲労回復や活性酸素の中和による老化防止や美肌効果、
さらに、運動を取り入れる事で、より効果的なダイエットが期待できます。

O2BOXご利用方法吉原 宏太サッカー元日本代表

TOPIC

  • テレビ・エアコン・WiFi完備で快適な時間を過ごせます
  • 専用ロッカーで手荷物など、安全に保管できます
  • ゆったりとしたスペースは仮眠やお昼寝にもオススメ
  • 血中酸素濃度計で血中酸素量をリアルタイムでチェック!
  • その日の体調次第で1.1〜1.3気圧まで調整可能
  • インターフォンも備え、もしもの時も安心

FO2の高気圧酸素ボックスの効能

  • 血流を促進
    高気圧の力で筋肉に刺激を与え
    血流やリンパの流れが
    よくなります
  • 通常呼吸の
    2倍の酸素量
    心肺機能をサポート
    血中酸素量が数日間上昇します
  • 成長ホルモンの
    増加
    高気圧酸素BOXを継続的に利用する事で約3ヵ月後から
    成長ホルモン(IGF-1)が
    増加します
  • 美容効果アップ
    酸素を細胞に供給することで新陳代謝を活性化させ、アンチエイジング、美肌効果を促します。
  • 集中力アップ
    酸素が脳にいきわたると集中力・記憶力アップや脳のリフレッシュができます。
  • 脂肪燃焼アップ
    高気圧酸素BOXをご利用後の体内酸素量が多い状態で運動等をすると脂肪燃焼を促進します。
  • 代謝アップ
    酸素量が増えると毛細血管の隅々まで血液が届き、温かさを実感できます。
  • 二日酔い予防・回復
    肝臓内の細胞に酸素を行き渡らせる事でアセトアルデヒドの体内流出を防ぎます。

FO2の高気圧酸素ボックスの効果的な利用方法

  • 運動の前後に
    身体中に酸素が行き渡ることで、疲労物質の分解を早め運動の効果が高まります。運動後の疲労回復にも効果があり、継続的に利用することで、疲れにくい身体を作ることもできます。
  • ダイエットに
    身体に酸素が不足すると、脂肪分解酵素の活動が弱り、痩せにくい身体になってしまいます。しかし、酸素の血中濃度を上げることで、新陳代謝がアップし脂肪燃焼を促進することができます。
  • ケガの早期回復に
     
    ケガをして傷ついた細胞の回復には多くの酸素が必要です。酸素BOXに入ることで体の隅々まで行き渡る「溶解型酸素」を体内に増やし、ケガの影響で酸素不足になった細胞を活性化させることで、ケガの早期回復につながります。

ご利用後のケアでデトックス

定期的な継続(1週間約2回)がオススメです!

高気圧酸素BOXで体内に増えた酸素は約3日後から減少していきます。
定期的な利用で免疫力がアップし、さらに成長ホルモン(GF-1)が増加していきます。

水分を摂る汗をかく(運動等)→デトックス効果水分を摂る汗をかく(運動等)→デトックス効果

PRICE

30分コース
¥1,200
40分コース
¥1,600
50分コース
¥2,000
60分コース
¥2,400
70分コース
¥2,800
80分コース
¥3,200
90分コース
¥3,600
120分コース
¥4,800

(税込)

FAQ

  • 自然環境が悪化し、大気が汚れています。 排気ガスが酸素不足の原因にも!

    都会や工場付近では、空気が美味しくないと感じることも多いでしよう。それは、車や工場から出た排気ガスや化学物質で空気が汚れているからです。 排気ガスに含まれるCO(一酸化炭素)は、酸素のかわりに血液中のヘモグロビンと結合し、体内の酸素運搬能力を低下させるという恐い一面もあります。

    数百年前は25%程度あった酸素濃度が、現在では平均して20~21%にまで減少しており、現代人にとって「酸素不足」は重要な問題なのです。また、地下やタンク内など閉鎖された低酸素状態の空間にて、酸素欠乏による労働災害が増加したため、労働安全衛生法で酸素欠乏症等防止規則を設け、労働中の酸素環境に配慮するよう定めています。

  • 酸素には乳酸を分解する働きがあり、さらにストレスも緩和します。

    酸素には疲れやだるさの原因となる「血中乳酸」を分解・除去する働きがあります。そのため、体内の酸素量が多い人は酸素量が少ない人よりも、短時間で疲労から回復できると考えられるのです。

    また、酸素を十分に摂取することでエネルギー生産効率を高め、体にエネルギーが蓄えられることが疲労感の軽減につながります。さらに、精神的な疲労にも酸素は密接に関わっており、ストレスの影響で収縮した毛細血管に充分な酸素を供給することで、心身ともににリフレッシュすることができます。

  • 血液の巡りがよくなり、身体の隅まで温かさを実感することができます。

    低体温から脱出し、適正体温を保つための一番のポイントは、血液の巡りをよくして新陳代謝を活発にすることです。酸素が十分に足りていると血流がスムーズに保たれ、体内のエネルギーも十分な状態を保てます。また、血液が身体中の毛細血管に行き渡ることで、身体のすみずみまで温かくなり、冷えの解消も実感することができます。(※実感度合いには個人差があります)

    私たちの体温は、平均36.5〜37.1度ぐらいに保たれているときがベストな状態です。体温が低下すると、免疫力の低下・自律神経失調・慢性疲労など、さまざまなトラブルが増えてしまいます。あらゆる方法で意識的に冷えを取り除いていくことは、健康な心身を保つためにとても大切なことです。

  • エネルギー産生と 疲労回復に酸素が役立つ!

    スポーツ選手にとっても酸素は重要!
    短距離走のような無酸素運動では、酸素を使わずともエネルギーを賄うことができます。しかし、長距離走の場合は細胞で酸素を媒体として筋肉収縮のエネルギー源をつくるため、身体のすみずみに酸素を早く運ぶことができれば、運動効率を高めることができます。

    また、筋肉の活動が高まって酸素が不足すると、酸素を使わない方法でエネルギーを作り出すようになります。しかし、そのときに乳酸が発生し蓄積することで、筋肉疲労を引き起こし、運動能力を低下させると考えられます。

    この乳酸は、十分な酸素が与えられると、除去することも可能で、酸素は疲労回復にも一役買っているのです。

    ●デビッド・ベッカム
    2002年サッカーワールドカップの直前に骨折したイングランド代表のベッカム選手が、酸素を取り入れて早期に回復しました。
    ●斉藤佑樹
    2006年夏の甲子園。15回を投げた決勝戦の夜に、酸素カプセルに入り、疲労を回復させ、翌日の再試合で優勝を果たしました。
    そのほかも
    プロ野球選手の松坂大輔投手、2007年夏の甲子園で活躍した仙台育英高校・佐藤由規投手、男子走り高跳び日本記録保持者・醐醍直幸選手なども利用していると話題になりました。

  • 酸素不足だと酔いやすく、二日酔いになりやすい。

    なぜ、人はお酒に酔うのでしょうか?

    そもそもお酒に酔った状態とは、 血液中のアルコールの濃度が高くなり、アルコールを飲む速さがそれを分解する速さを上回ることで起こります。

    アルコールが分解されるときには多くの酸素を必要とし、体内の酸素が不足すると、アルコールの分解が遅くなっていきます。分解されたアルコールは、次にアセトアルデヒドに変化し、さらに水と炭酸ガスに分解されますが、このときにも多くの酸素が必要です。しかし、体内の酸素が少い状態では、アセトアルデヒドが体内に溜まってしまい、これが頭痛や吐き気・めまいなどの不快感を引き起こす原因となるのです。

  • 胃腸からの酸素摂取量アップが期待できます。

    人間が栄養を体内に取り込むには、水が必要不可欠です。ほとんどの栄養は、水に溶けた状態で吸収されていますが、それは酸素も同じです。通常、酸素は水に溶けにくい性質を持っていますが、体を巡るときは血液の流れにのって全身に届けられます。つまり、水と共に全身を巡っているのです。

    また、酸素は呼吸の際に肺から取り込まれるだけでなく、「溶解型」の小さな酸素は、胃や腸などの消化器官からも吸収されています。最近、酸素を水に溶かした酸素水が人気ですが、それらは水道水よりも多くの溶解型酸素を含有しています。これを飲むことにより、肺だけでなく、胃や腸からの酸素摂取量が増え、体内の酸素量アップが期待できます。

  • 十分な酸素で肌細胞を活性化! ターンオーバーも整いやすく!

    肌の健康は、古い細胞が新しい細胞によって押し上げられ、はがれ落ちていくことで保たれています。その周期は、健康な肌で約28日程ですが、代謝機能が衰えるとその周期が遅くなり、表皮に残った古い細胞などの老廃物が肌荒れやくすみの原因となってしまいます。

    また、肌細胞付近の毛細血管は外気・ストレスなどの影響で収縮しやすく、酸素不足になりやすい性質なので、美肌維持のためにも酸素は欠かせないのです。

    酸素を十分に摂取することで細胞内でのエネルギー産生が促され、細胞が元気になり肌の生まれ変わりを正常に戻し、うるおいとツヤのある、みずみずしい素肌に導きます。

  • 酸素は脂肪分解酵素の発生を活性化させます。

    体内には「リパーゼ」という脂肪分解酵素があり、脂肪を分解してエネルギーが必要とされている筋肉などに運び消費する役割をもっています。

    そのリパーゼの働きを活発にするために酸素が重要といわれますが、体内の酸素が不足しているとリバーゼの働きが悪くなり、分解されなかった脂肪が再び塊となるのです。「短距離走などの無酸素運動に比べ、ウォーキングなどの酸素を取り入れながら行う有酸素運動がダイエットに効くと言われるのは、そういうわけです。

    したがって、酸素を十分に摂取することで、リパーゼの働きが活発になり、脂肪の分解が促され肥満の解消に繋がるといわれています。

  • 溶解型酸素って、どんな酸素なの?

    ヘモグロビンと結合していない、小さな酸素のことです。

    人間が取り込む酸素は、大きく分けると2つに分類できます。

    呼吸で取り込まれた酸素のほとんどは、赤血球の中のへモダロピンというたんぱく質と結びついて運ばれる「結合型酸素」になります。このほかに、ヘモグロビンと結びつかず、血液や体液に分子のまま溶け込んでいる酸素があり、これが「溶解型酸素(溶存酸素)」です。

    「溶解型酸素」は、「結合型酸素」に比べて体内での数は少ないものの、サイズがとても小さく、結合型酸素が通れないような毛組血管でも、すみずみまで通りやすい重要な酸素です。ヨガや気功の達人は、呼吸法によって肺の気圧を高め、このような溶解型酸素を取り込んでいるともいわれています。

  • 一時的に、記憶力がアップするというデータもあります。

    脳は全身の司令塔で、体重の2%ほどの重さなのに、1回の呼吸で摂取する酸素の約4分の1を脳が消費しています。脳に酸素を補給するために巡る血液量は1日約2000リットル(ドラム缶10本分)にも達し、脳への酸素供給が途絶えると脳の活動はすぐに停止し、2~3分で細胞破壊が起こります。

    また、脳への酸素不足と関わりがある症状として、集中力・思考力の低下、物忘れ、不眠、疲労などがあげられます。松下電器が2006年に発表した研究によると、30%の高濃度酸素を吸いながら英単語を覚えた予備校生と、そうでない予備校生では、翌日のテストで、酸素を吸ったグループのほうが約15%多く英単語を記憶していたという結果がでています。

    このように、十分な酸素が脳に供給されることで、脳の働きを一時的に向上させることもできると言われています。

ACCESS

所在地
北海道札幌市中央区南1条西7丁目12-6
パークアベニュービル9F
TEL
011-218-7711
営業時間
10:00-18:00 / 不定休
※18時以降のご予約ご希望の方は
お電話にてお問合せください。

MAP

RESERVATION

お電話でのご予約
011-218-7711
営業時間 10:00-18:00 / 不定休